教員紹介

[ 准教授 ]林 由佳

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Yuka Hayashi
主要担当科目
 感染看護学、成人看護学援助論2、成人看護学実習2、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

専門
 成人看護学

メッセージ
 学ぶことは、自分を強くすること。心の中の豊かさを生みます。一つ一つの出会いを大切にしながら、皆さんの学びを支えながら、私自身、勇気と感動をもらっています。感染看護は、science。論理的で面白いですよ。実験しながら一緒に学習できること、楽しみにしています。

研究テーマ
 ・感染看護に関する研究
 ・終末期看護に関する研究

研究業績
 ・受け持ち患者を看取った看護学生の学び 日本看護研究学会雑誌 27(2);85-91 06
 ・終末期を看取る看護学生に対しての教育介入の検討 看護・保健科学研究 4(1);85-92 04
 ・模擬患者によるコミュニケーション学習後の成人看護学実習での学習内容 日本看護学校協議会雑誌 19巻 06

その他の社会的活動
 ・日本看護研究学会 会員
 ・日本がん看護学会 会員
 ・日本環境感染学会 会員
学位
 看護学修士

[ 講師 ]荒木 大治

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部

[ 講師 ]梅﨑 みどり

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Midori Umezaki
主要担当科目
  • 母性看護学概論、母性看護学援助論、母性看護学実習、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

専門
  • 母性看護学・助産学

メッセージ
  • 女性の一生を通じた性と生殖に関する支援について一緒に学べることを楽しみにしております。

研究テーマ
  • 初産の母親の抑うつとそれに影響する要因に関する研究
  • 妊娠期および産後における産後うつ病発症予防のための看護介入に関する研究
  • 性に関する親子間コミュニケーションのあり方の検討
  • 新生児の清潔ケアに関する研究

研究業績
    <著書>
  • 看護計算ドリル 第2版;共著:照林社,2018.

  • <論文>
  • 梅﨑みどり,富岡美佳:親子間コミュニケーションが中学生の自尊感情に及ぼす影響に関する研究,山陽看護学研究会誌7(1)18-20,2017.
  • 梅﨑みどり,大井伸子:初産の母親の出産後1週間以内と1ヶ月時の抑うつとそれに影響する要因の検討,母性衛生,55(4),677-688,2015.
  • 富岡美佳,梅﨑みどり,井上理絵:看護学生の学士課程におけるライフスキル教育の効果,山陽看護学研究会誌,5(1),11-16. 2015.
  • 井上理絵,富岡美佳,梅﨑みどり,流麻衣:初妊婦が看護職者に求める母乳育児継続のための支援,山陽看護学研究会誌,5(1),3-16,2015.
  • 梅﨑みどり,富岡美佳,井上理絵:母性看護学実習における教育方法に関する文献の検討,山陽論叢,21,11-18,2014.
  • 松林愛子,梅﨑みどり,富岡美佳:定時制高校生のライフスキルトレーニング導入の効果の検討,山陽看護学研究会誌,5(1),17-20,2014.

その他の社会的活動
  • 日本看護科学学会 会員
  • 日本母性衛生学会 会員
  • 日本思春期学会 会員

学位
  • 修士(看護学)

[ 講師 ]加藤 由美

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Yumi Katoh
主要担当科目
  • 成人看護学援助論I・II・III、成人看護学実習I・II・III、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

専門
  • 成人看護学

学位
  • 修士(看護学)

連絡先
  • yumi_katouh@sguc.ac.jp

[ 講師 ] 久我原 朋子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Tomoko Kugahara


主要担当科目
     基礎看護学技術I・II・III、基礎看護学実習I・II、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

専門
  • 母性看護学、基礎看護学

メッセージ
  • 学生を太陽のようなポカポカと照らす存在になりたいと思っています。学生が社会人となった時、自ら振り返り、気がつき、自分から学び、成長していけるよう養成していきたいと思います。

研究テーマ
  • 妊婦のつわりの研究、妊婦の口腔衛生の研究、子どもの健康

研究業績
  • 学校保健と地域保健との連携について 久我原 朋子 岡山大学大学院教育学研究科発達支援学専攻養護教諭教育学コース修士論文.1-34. 2018年1月
  • 学童保育指導員による性暴力と虐待の発生要因 谷野宏実、鈴井江三子、 久我原朋子、池田理恵 小児保健研究 71(1) 52-59. 2012年1月
  • 妊婦の身体感覚と胎児への愛着との関連性 鈴井江三子、久我原朋子、池田理恵、大橋一友、判治康代 母性衛生 51(2) 301-309. 2010年7月
  • 妊婦の歯周病と口腔内自覚症状・口腔ケアとの関連 -Periodontal status, subjective oral symptoms and oral care of pregnant women- 久我原朋子、安藤布紀子、酒井ひろ子、正泉寺弥生、大橋一友 母性衛生 150(1) 94-101. 2009年4月
  • 妊婦の歯周病と早産との関連についての文献検討 久我原 朋子 川崎医療福祉学会誌 18(1) 227-237. 2008年7月
  • つわりと妊婦の口腔衛生に関する研究 久我原 朋子 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士論文 1-76, 2008年3月
  • Screening for periodontitis in pregnant women with salivary enzymes. Kugahara Tomoko,Shosenji Yayoi, Ohashi Kazutomo (by English) J.obstet.Gynaecol.Res. 34(1) 40-46. 2008年2月
  • つわりに対する食事の工夫とQOLとの関連 久我原 朋子,松尾恵美子,大橋一友 大阪大学看護学雑誌 13(1) 1-7. 2007年3月
  • Characteristics of nausea and vomiting in pregnant Japanese women Kugahara Tomoko, Ohashi Kazutomo. (by English) Nursing and Health Science 18(1) 179-184. 2006年9月
  • 初期妊婦のSF-36によるQOLの検討および悪心, 嘔吐との関係 久我原 朋子 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻2003年度博士前期課程論文集, 1-25. 2004年2月

学位
  • 保健学博士、保健学修士、公衆衛生学修士、教育学修士、看護学学士、英語学学士

連絡先
  • tomoko_kugahara@sguc.ac.jp

備考
  • 【資格】看護師、助産師、保健師、養護教諭専修免許、英検準1級

[ 講師 ]那須 明美

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Akemi Nasu
主要担当科目
  • 母性看護学援助論、母性看護学実習

専門
  • 母性看護学

メッセージ
  • 看護のこと、一緒に学んでいきたいです。

研究テーマ
  • がんリハビリエーションにおける看護師とセラピストとの協働に関する研究
  • 女性がんサバイバーの妊孕性支援に関する研究
  • 災害訓練に関する研究

研究業績
  • 那須明美,松本啓子(2018):がんリハビリテーションにおける看護師とセラピストとの協働に関する思い;がん看護専門看護師教育課程を修了した看護師の語りから,日本看護学会論文集 看護教育,48,134-137.
  • 那須明美,松本啓子,矢澤美香子(2018):若年女性がんサバイバーシップに関する国内レビュー-研究対象に若年女性を含む文献から-,川崎医療福祉学会誌,28(1),47-53.
  • 那須明美,松本啓子(2018):がんリハビリテーションにおける看護師とセラピストの協働に関する思い-セラピストの思いに着目して-,日本看護科学学会誌,38,64-71.
  • 那須明美,松本啓子,常国 良美, 亀高 泰世(2018):病院に勤務する看護師のインタープロフェッショナルワークに関するコンピテンシーの文献検討,日本看護科学学会誌,38,82-88.

その他の社会的活動
  • <所属学会>
  • 日本看護科学学会会員 日本家族看護学会会員 日本がん看護学会会員 日本がん・生殖医療学会会員

学位
  • 修士(人間学)

連絡先
  • akemi₋nasu@sguc.ac.jp

[ 講師 ]橋本 智恵美

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部

[ 助教 ]浅原 佳紀

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Yoshinori Asahara
主要担当科目
  • 精神看護学援助論、精神看護学実習、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

研究業績
  • 浅原佳紀,澤田由美,揚野裕紀子:医療観察法病棟における精神看護学実習体験に関する研究-看護学生の体験の内容分析から指導方法の検討-.第49回日本看護学会論文集(精神看護),150-153,2019.
  • 浅原佳紀,澤田由美,揚野裕紀子:退院支援にかかわる看護師の困難に関する文献レビュー-精神科と一般科の看護師が行う退院支援の困難比較-.インターナショナル Nursing Care Research,17(4),129-138,2018.
  • 浅原佳紀,尾崎敏也,三木明子,村上謙一:精神科看護師の印象を変える事例検討会-ネガティブ情報に対する印象の内容の変化-.第36回日本看護学会論文集(精神看護),249-251,2006.

学位
  • 修士(看護学)

[ 助教 ]井田 裕子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Yuko Ida

[ 助教 ]大島 珠子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Tamako Ohshima
主要担当科目
  • 公衆衛生看護学演習I・II(支援技術、地域診断)、公衆衛生看護活動展開論、公衆衛生看護学実習(保健所・市町村)、公衆衛生看護学実習(地区活動実習)、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

専門
  • 公衆衛生看護学

メッセージ
  • 看護職である保健師という職業を、まずは知っていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

研究テーマ
  • 周産期のメンタルヘルス
  • 精神障害者の地域移行支援

研究業績
  • 周産期のメンタルヘルスに関する研究の動向,兵庫県立大学看護学部・地域ケア開発研究所紀要 第26巻,2019
  • 精神障害者を対象とした地域支援について~精神障害を持つ外国人妊産婦への支援を通して~,(筆頭)第16回岡山県保健福祉学会,2009

学位
  • 修士(人間学)

備考
  • 【資格】保健師・助産師・看護師・養護教諭2種・介護支援専門員・児童福祉士任用資格・第1種衛生管理者・受胎調節実施指導員

[ 助教 ]河田 恵子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Keiko Kawata
主要担当科目
  • 公衆衛生看護活動展開論、公衆衛生看護学演習I・II、公衆衛生看護学実習、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

専門
  • 公衆衛生看護学

メッセージ
  • 保健師は、地域で暮らす赤ちゃんからお年寄りまで「すべての人の健康を守る」という役割を担っています。「人」と向き合うこと、「人の命」に向き合うことをしっかり考え、一人ひとりの出会いを大切にする・・・そんな保健師活動について一緒に学びましょう!

研究テーマ
  • 発達障害児支援、養護教諭と保健師の協働に関する研究
  • ネパール地震による災害後のフィールド調査研究
  • 介護認定に関する研究

研究業績
  • 河田恵子、橋本佳奈、佐々木純子(2018)A市の介護認定調査員に対する認定調査の標準化をねらいとした介入研究、第77回日本公衆衛生学会総会(郡山)
  • 橋本佳奈、河田恵子、佐々木純子(2018)A市における介護保険事業に係る専門職の認知症自立度評価に関する態調査、第77回日本公衆衛生学 会総会(郡山)
  • 河田恵子、佐々木純子、二宮一枝(2017)発達障害児支援における養護教諭と保健師の協働に関する研究、第20回日本地域看護学会学術集会(大分)
  • 河田恵子、二宮一枝(2016)就学前発達障害児支援事業創出の過程、第75回日本公衆衛生学会総会(大阪)
  • 河田恵子(2011)親支援ミーティングを通して得られた保健師の力量形成、岡山県小児保健協会研究会

その他の社会的活動
  • <所属学会>
  • 日本公衆衛生学会、日本公衆衛生看護学会、日本地域看護学会

学位
  • 修士(看護学)

連絡先
  • keiko_kawata@sugc.ac.jp

備考
  • 看護師、保健師、養護教諭一種、第1種衛生管理者、児童福祉司任用資格、福祉住環境コーディネーター2級

[ 助教 ]田中 愛子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Aiko Tanaka
主要担当科目
  • 老年看護学援助論、老年看護学実習、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

研究テーマ
  • 骨粗鬆症の予防など

研究業績
  • 目良宣子・奥山真由美・道繁祐紀恵・上野瑞子・井田裕子・田中愛子・村田幸治:大学と地域のコラボレーションによる地域高齢者支援への挑戦-「物忘れ相談プログラム」の導入を契機に健康測定を実施して-,山陽看護学研究会雑誌Vol.8No.1,25-33,2018
  • 奥山真由美・道繁祐紀恵・田中愛子・目良宣子・上野瑞子・井田裕子・村田幸治:地域高齢者の細胞外液量の減少をスクリーニングする液化皮膚温の有用性, 山陽看護学研究会雑誌Vol.8No.1,34-39,2018
  • 上野瑞子・目良宣子・井田裕子・奥山真由美・道繁祐紀恵・田中愛子・村田幸治:大学と地域連携によるA地区高齢者の精神機能の把握のための取り組み, 山陽看護学研究会雑誌Vol.8No.1,40-48,2018
  • 尾黒 正子、荻野 哲也、高林 範子、佐々木 新介、甲谷 愛子、虫明 小緒、中尾 美幸:ストレッチャー移送が乗車者の自律神経系・心理的指標に及ぼす影響,日本看護技術学会誌Vol16,1-9,2017
  • 甲谷 愛子、奥山 真由美、道繁 祐紀恵、杉野 美和:A市在住高齢者の骨粗鬆症に対する認識,山陽論叢23巻,1-10,2016

その他の社会的活動
  • 平井地区での高齢者を対象とした健康測定を半年に1回行っています。

学位
  • 修士(看護学)

連絡先
  • aiko_tanaka@sguc.ac.jp

備考
  • 日本骨粗鬆症学会認定資格:骨粗鬆症マネージャー

[ 助教 ]則武 由美子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部

[ 助教 ]渡部 典子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部

[ 助手 ]塩谷 由加江

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Yukae Shionoya