教員紹介

[ 教授 ]北岡 宏章

カテゴリ:言語文化学科
Hiroaki Kitaoka
主要担当科目
  • 人間学、教育学概論、教職論、生涯学習論

専門
  • 教育史、教育思想

メッセージ
  • 教職科目を主に担当しています。教職は、いろいろ苦労はありますが、喜びもとても大きい仕事です。1年生から先生を目指してこつこつと頑張りましょう。できる限りお手伝いしたいと思っています。

研究テーマ
  • 英国自由教育(=古典語・古典文学を中心とする伝統的教育)に関する思想の研究。また、そこに強い影響を及ぼした古代ローマのキケローの思想の研究。

研究業績
  • 「教職と教養―ニューマン、アーノルド、エッガースドルファーの教養論の考察を通じて―」(単著)京都光華女子大学・京都光華女子大学短期大学部研究紀要第56号 (pp.33-44)、平成30年12月
  • 新しい特別活動の指導原理(共著)、分担執筆箇所:第11章「特別活動における人間関係とリーダーシップ」(pp.161-175)、ミネルヴァ書房、平成29年2月
  • 教育の原理・第3版(共著)、分担執筆箇所:第1章「教育とは何か」(pp.1-26)、第8章「人と思想」(pp.189-213)、法律文化社、平成29年1月
  • バートランド・ラッセルのカリキュラム論の一考察―知育と徳育の関係を中心に― (単著)、京都光華女子大学こども教育研究第1号(pp.53-62)、平成26年4月
  • キケローの老年論”De Senectute”について ―共和政期ローマの教育観・道徳観を探る ―(単著)、京都光華女子大学短期大学部研究紀要第51集(pp. 49-57)、平成25年12月

その他の社会的活動
  • 教育哲学研究第120号(2018年5月)に中野桂子著『ラッセル教育学研究序説』の図書紹介を執筆。

学位
  • 教育学修士

連絡先
  • hiroaki_kitaoka@sguc.ac.jp