山陽リレーコラム「平井の丘から」

食品ロスについて考える  國本あゆみ

掲載日:2019年5月30日
カテゴリ:健康栄養学科

 スーパーでつい買いすぎたり、食事を作りすぎたりして、食べきれず捨ててしまうことはありませんか?

 まだ食べられるにもかかわらず捨てられる食品を「食品ロス」と言います。日本では、「食品ロス」が、年間643万トン(平成28年度推計)も発生しています。世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量(平成26年で年間約320万トン)の約2倍に相当します。また、日本人1人当たりに換算すると、「お茶碗約1杯分(約136g)」の食べ物が毎日捨てられている計算となります。

 このような食品ロス削減に向けて、期限間近の商品、規格外の商品を無償で提供し、福祉施設等へ寄付するフードバンクの活動など、国を挙げて様々な活動が行われています。また、コンビニエンスストアでは、消費期限の近づいた弁当などの購入をすることでポイントが付き、実質の値引きにつながるなど食品ロス削減に向けて取り組みが始まります。

 食物栄養学科では、学生が主体となり「地域を学んでのこさずたべよう」という岡山県の事業に携わらせていただいています。昨年度は和気町、今年度は真庭市で食品ロス削減の食育活動を行います。次世代を担う子どもたちに、「もったいない」の気持ちを育み、食品ロス削減の輪を広げたいと考えています。

 食品ロスの約半分291万トンは、家庭からです。私も日ごろから「もったいない」の気持ちを忘れず、できることから食品ロスの削減を実践していきたいと思います。

123
写真:和気町での食育の様子


【参考】
消費者庁ホームページ

岡山県「地域を学んでのこさずたべよう事業」ホームページ
最近の更新状況
生業をつくり直す  建井 順子[2019年9月10日]
イケアでの思い出  岩本 隆志[2019年8月27日]
3歳までは母の手で?  権田 あずさ[2019年7月26日]
いよいよオープンキャンパスが始まります  岡田 典子[2019年6月18日]
「ぼたもち」の思い出  廣田 幸子[2019年6月5日]
食品ロスについて考える  國本あゆみ[2019年5月30日]
なんとなくエコ  西村 武司[2019年5月7日]
虐待について考えてみましょう  荒島 礼子[2019年4月16日]
桜の花々とともに  学長 齊藤 育子[2019年4月10日]
春を感じる桜餅  松井 佳津子[2019年3月30日]
岡山の美味しい魚と気候変動(地球温暖化)  白井 信雄[2019年3月28日]
甘いものすきですか ~ 和菓子のすすめ  小野 和夫[2019年3月15日]
受験シーズンの思い出  田中 愛子[2019年2月28日]
ソーシャル・キャピタルと健康との関係について~母の足に転倒してできた傷の治癒過程に及ぼす影響~  人見 裕江[2019年2月15日]
湯たんぽのすすめ  奥山 真由美[2019年1月18日]
ベトナム フーコック島  海本 友子[2019年1月11日]
川の流れ・人の流れ・食の流れ  藤井 久美子[2018年12月25日]
広島の土砂災害  澤 俊晴[2018年12月10日]
学内の版画から−  児玉 太一[2018年11月30日]
「おもてなし」の落とし穴  松浦 美晴[2018年11月12日]
60年代の象徴「アイビールック」のVANを創った岡山の世界的な起業家  松尾 純廣[2018年11月5日]
"Degrés des âges"(Degres des ages)  高橋 功[2018年10月26日]
人はどのような『場』で成長するのか~変わるインターンシップの意味~  神戸 康弘[2018年10月16日]
災害後における子どもの心と生活  上地 玲子[2018年9月20日]
アンティックピアノの魅力  田中 節夫[2018年9月12日]