新着ニュース

山陽学園文化セミナーが開催されました

掲載日:2019年10月9日
カテゴリ:言語文化学科
はじめての『万葉集』

実施日:令和元年9月1日(日)、9月8日(日)

講 師:山陽学園大学総合人間学部教授 佐藤雅代

令和にちなんで、『万葉集』の初心者向け講座を2回開催しました。

  1回は、『万葉集』が成立した歴史的背景をふまえながら、作品の概要、享受のあり方について解説しました。その際、2016年に話題になった新海誠監督の映画『君の名は。』のタイトルは、『万葉集』に収められた歌に由来していることなども紹介しました。その後、巻一の巻頭に置かれた雄略天皇の歌や、額田王、志貴皇子の歌などを取り上げ、鑑賞しました。

 第2回は、新元号「令和」の典拠について解説した後、大伴旅人、山部赤人、山上憶良、作者不明の歌、巻二十の巻末に置かれた大伴家持の歌などを鑑賞しました。最後に、令和の時代に『万葉集』を読む意義をお話しました。

 受講生は、『万葉集』の世界を身近に感じ、楽しみながら受講できたようでした。
万葉集