新着ニュース

健康フェア『でーれー元気で行こうや!真夏の健康スペシャル』

掲載日:2019年8月9日
カテゴリ:看護学科
健康フェア『でーれー元気で行こうや!真夏の健康スペシャル』
1グループ認知症

今回は、平井学区の「すずらん交流会」様の共催のもと、看護学科4年生の学生による「健康フェア」を東山公民館にて開催させて頂きました。
「健康フェア」では、4種類の健康講座をさせていただきました。


【いきいき!!!認知症予防】
超高齢社会が進むなか、認知症に罹る割合も増えていくと考えられ、認知症予防につなげられればと思い、認知症についてのテーマで健康教育を行いました。

参加してくださった皆様からは、

「脳トレが楽しかった」や

「もっとたくさんしたかった」などという意見をいただきました。


【飲酒とおつまみの相乗効果 ~楽しい夏を満喫するために~】
昨年と今年に平井地区を調査した際の情報から、寝酒習慣があることと、夏祭りシーズンであることから、お酒とおつまみに含まれる塩分によって脱水が引き起こされることについてお話をしました。
今回の参加者の方は飲酒している方は少なかったですが、塩分の取り方とこまめな水分補給について気をつけていただき、

楽しく健康な生活を送っていただけると幸いです。


【レッツ撃退!!「熱中症」】

熱中症の症状、予防方法として暑さを避ける方法や効果的な水分補給の方法のお話をしました。

予防方法の話の中では、エアコン使用時の注意点や家庭でも作れる経口補水液の作り方の紹介なども行いました。

参加者の方から、

「これからの暑さに不安があったので聞けて良かった」

「経口補水液が思ったより簡単で飲みやすい」などの意見をいただきました。


【さらにパワーアップ!今から始めるフレイル予防】
平井地区の高齢者を対象に自宅で元気に過ごせるように「フレイル」についてお話ししました。

フレイルは、要介護や寝たきりの状態になりやすいことや、改善するとできることなど、原因・診断・予防方法についてお話をさせていただきました。

皆様からは

「フレイルについてよくわかった」

「フレイル予防を取り入れていきたい」などといった声を聴くことができました。

3グループ熱中症

これからも、平井にお住まいの方々と大学との親交が深まり、

地域でつながり、平井学区に大学があることを、

住民の方々の強みとしていただきたいと思っています。


「健康フェア」に今回参加してくださった住民の皆様、

すずらん交流会の皆様、本当にありがとうございました。


山陽学園大学看護学部看護学科

地区活動実習 保健師課程4年生
担当教員 目良 河田 大島